2015年06月14日

【ミニ四駆】予想通り!軽量 19mmオールアルミベアリングローラー (ピンク)がプレミア価格になってる件について

今日、amazonからこんなメールが届きました。

20150614_amazon_mini4wd

1週間前に予約した軽量 19mmオールアルミベアリングローラー (ピンク)が2,500円でオススメされています。

「あ~、やっぱりねー」

って思いますよね。

ミニ四駆の限定パーツは予約で購入するのが一番確実で一番安く買える方法です。

躊躇していると、あっという間に売り切れて、定価の2~3倍で購入するしかなくなります。

ただ、予約できなかったとしても、まだ諦めるのは早いです。

発売直後なら定価で買える可能性もあるので、いろいろなショップを見てみると購入できるかもしれません。

でも一番良いのは予約で購入することです。

あみあみやビックカメラ、ヨドバシカメラなどのサイトを毎日調べて、予約できるか確認することをオススメします。

ミニ四駆の限定パーツは数時間で売り切れの場合もあるので、見つけたら即買いしないとダメですね。

2015年06月07日

【ミニ四駆】軽量 19mmオールアルミベアリングローラー (ピンク)をアマゾンで即買い(予約)してしまったんだが...

YAWARA!のエントリを書いていて、アマゾンのリンクを作成している時に、ふと目に止まったのが、

ミニ四駆特別企画商品 HG 軽量 19mmオールアルミベアリングローラー (ピンク) 95213

の文字。

実は、ビックカメラやあみあみで予約済みだったんですが、見たら欲しくなってしまって、アマゾンで即買い(予約)してしまいました。

ログイン状態だったので、すぐに注文できました。

予約した個数は5個。

既に他のお店11個予約していたので、合計16個も予約したことになります。

こんなに予約して使わなかったらどうしよう、とか考えてはダメですね。

そういう人はミニ四駆物流の仕組みが分かっていません。

こういう限定パーツは後で買うと定価の2~3倍はするので、予約はできるときにしないと後で泣きます。

特にローラーは消耗品なので、ちょっと多めが丁度良いくらいです。

気になった点としては、アマゾンの予約なのに、価格が割り引きになっていないことくらいですね(予約するタイミングが遅かったのか!?)。

1個972円でした。

700円台で予約できるお店もあったことを考えると、少し高い買い物に思えなくもないです。

まぁ、それでも定価で予約できるし、送料は無料なので全然OKなんですが。

発売は2015/7/18です。

ミニ四駆特別企画商品 HG 軽量 19mmオールアルミベアリングローラー (ピンク) 95213





2015年05月18日

【ミニ四駆】ミニ四駆限定 ポータブルピット J-CUP 2015 予約しました

ミニ四駆限定 ポータブルピット J-CUP 2015をamazonで予約しました。

amazonでミニ四駆商品を予約するのは軽量二段アルミローラーの赤・青以来です。

最近はミニ四駆の予約をしていないのかと思っていましたが、ふとチェックしてみると予約できるではありませんか。

5月に発売された限定モデルのアバンテも割引価格(800円台)で売っているし、amazonさんはミニ四駆に本腰をいれたのでしょうかね。

ポータブルピットの2015年版ですが、色はまだわかりません。どのネットショップを見ても画像がないからです。

去年(2014年)はライトブルーだったし、今年は何色になるんでしょう。

ちなみに、ポータブルピットの限定品はなぜかものすごい人気です。amazonをみるとわかりますが、ものすごいプレミアがついています。

あ、一応言っておきますけど、転売するつもりで予約したわけじゃないですよ。個数も1個しか予約してませんからね。

予約できたのは単純にたまたまamazonを見てたら目に入ってきたからです。

今までは、ビックカメラとかで予約していたのですが、ビックカメラの方がポータブルピット自体が商品一覧から消えていました。ネットでは売らないということでしょうか。

ともかく、予約できてよかったですね。

「限定って言っても色違いじゃないか!」

という人もいます。というか、たまに言われます。

だけど、その色違いが好きなんですね。みんなグレーのポータブルピットを使っている中で、自分は別のカラーのポータブルピットを使うというのは格別な気分になれますよ。

ミニ四駆のパーツって限定っていっても、色違いが多いから性能的にすごく勝っているわけではないです。

前にamazonで買った軽量二段アルミローラーにしてもそうです。

ただ、マシンに合わせた色をチョイスするのが大人のミニ四駆なんですね。

ミニ四駆限定 ポータブルピット J-CUP 2015ですが、発売は7月みたいです。おそらく、予約は5月中くらいになるのではないでしょうか。

来年になればまた2016年版がでますし、今年(2015年)のものはものすごいプレミアがつくので、なるべく早く入手するのがお得です。

以上、ミニ四レーサーの余計なおせっかいでした。

ミニ四駆限定 ミニ四駆 ポータブルピット J-CUP 2015 95086




2013年04月29日

【参加レポート】ミニ四駆スプリンググランプリ2013 東京大会(4/28)

4/28に品川で行なわれたタミヤ公式の大会に参加してきました。

今回は、ヘルクライム&ナイアガラスロープver2のコースということで難易度を確認する意味も込めて、結構マシンを作り込んでの参戦です。

といわけで以下、レポートです。

【大会情報】
・大会名:ミニ四駆スプリンググランプリ2013 東京大会
・日時:2013/4/28 9:00~
・場所:品川シーサイド
・参加人数:1400名までのところ1700名オーバーという盛り上がりっぷりでした
・クラス:オープンクラス、ジュニアクラス

【自分情報】
・参加クラス:オープンクラス
・参加マシン
20130428_mini4dw_1
 - ボディ:ナックルブレーカー ブルースペシャル
 - シャーシ:スーパーXX
 - モーター:ハイパーダッシュ2モーター
 - フロント:13mmWA×2、小マスダン×2、フロントアンダーガード
 - リア:19mmプラベアリングローラー×4、大スクエアマスダン(東北ダンパー)、ゴムブレーキ
 - サイド:大マスダン×2
 - タイヤ:スーパーハードローハイト
 - ギア:3.7:1
 - 重さ:156g
 - その他:結構抵抗抜きをしてます

【レポート】
(1) エントリー
8:30くらいに会場に到着。先月以上の人の多さにビックリ。
運営の人からエントリーの紙と大会のパンフレットを貰って、エントリー終了。
8:32なのに、自分の番号が933だった!!。
3月は794番だったし、今年の盛り上がりはスゴイ!!!!

(2) 一次予選まで
先月と同じ場所に荷物を置いて他のメンバーを待つことに。
9時位に全員揃う。
今回は、オープンクラスのみで、午前の一次予選で負けても、午後の一次予選に出られるので、2回チャンスがあります。ナイアガラが初めての4人にとっては嬉しいやり方でした。
一次予選は9:10からスタートですが、自分の出番は11:00位になりそうなので、マシンセッティングをすることに。。。
リアブレーキの高さを計ると1.5mmくらい。キツめにいってみようということで変更せず、電池を少し垂らして一次予選に望みます。



(3)一次予選(午前)
5レーンでスタート。
2位でスタート。ちょっと電池を垂らしすぎたかなと思っていたら、1位のマシンがナイアガラでCO。そのまま完走して、一次予選突破。
※ナイアガラについて
ヘルクライムの後は、ストレートに着地させるのが理想ですが、自分のマシンはスロープの入り口付近に着地でした。それでも安定していたので、この感じでいければナイアガラは問題なさそうです。

(4)お昼
ファミレスで午後の一次予選&二次予選の対策会議。

(5)二次予選
電池を交換。一次予選のものよりは残量がある感じ。スピード負けしないように攻めの姿勢で望みます。
1レーンでスタート。スタートからトップに立ち、2位以下を引き離します。
1周目のナイアガラをクリアして自分の目の前を通り過ぎる我がマシン。。。
「んっ。」なんか、東北ダンパーが外れてる。。さっきのナイアガラで外れたっぽいです。
2周目以降のナイアガラはどうなるんだろう、というか、もう終わったね。と思っていたのですが、ヘルクライムから豪快にカッ飛び、スロープを越えて、ストレートに着地する我がマシン。3周目、4周目も同じようにナイアガラをクリア。その度に「おー」という声が会場から聞こえます。なんとか5周走りきってゴール、と思ったら審判の人が「このマシンは別のレーンに入れ替わっているから...」って言います。よーく考えてみると、確かに、5周走りきって5レーンでゴールしていたマイマシン(ホントなら1レーンでゴールしてるはず)。どうやら、4周目ナイアガラで隣のレーンに着地してしまっていたみたいです。
...
というわけで、僕の春は終了です。

【感想】
車体を作り込んで参加した今回のレース。スピード負けしないくらいの速度を出しつつ、ナイアガラ攻略という目標は、大分達成でした試合でした。
6月から始まるジャパンカップもナイアガラは健在ということで、いい経験になりました。


2013年03月24日

【参加レポート】ミニ四駆グランプリ2013 東京大会3(3/24)

去年の10月末から職場の先輩と一緒にミニ四駆をやるようになりました。

今年の2月からタミヤの公式大会に参加しています(2/24の東京大会も参加しました)。

という訳で、参加レポート書きます。

【大会情報】
・大会名:ミニ四駆グランプリ2013 東京大会3
・場所:品川シーサイド
・参加人数(定員):定員1400人ですが、実際は1600人くらいいたと思います
・クラス:ジュニアクラス、オープンクラス、タッグレース

【自分情報】
・参加クラス:オープンクラス、タッグレース
・参加マシン
マシン
 - ボディ:ナックルブレーカー ブルースペシャル
 - シャーシ:スーパーXX
 - モーター:ハイパーダッシュ2モーター
 - フロント:13mmWA×2、小マスダン×2、フロントアンダーガード
 - リア:13mmボールベアリング×4、大マスダン×1、スポンジブレーキ(緑)
 - サイド:小マスダン×2
 - タイヤ:スーパーハードローハイト
 - その他:結構抵抗抜きをしてます
・番号:794

【レポート】
(1) エントリー
8:30くらいに会場に到着。先月以上の人の多さにビックリ。
運営の人からエントリーの紙と大会のパンフレットを貰って、エントリー終了。
8:30なのに、自分の番号が794だった!!。2月は100台だったのに。みんな、来るの早!!

(2) 一次予選まで
いつも4人で活動しているので他のメンバーが着くまで、場所取りを行う。
と言っても、良い場所は既に他の強者に取られてしまっているので、残りのスペースから雨が降っても大丈夫そうなところをチョイス。
9:00くらいには他のメンバーも到着して、マシンセッティングを開始。
自分のマシンは前回と同じマシン&同じセッティング。リアブレーキが少し高めだったので、高さを2mmまで下げた。
11:00くらい(だったと思うけど忘れた)に自分の番の車検が始まったので、マシンを持って車検&レースへ向かった。

(3) オープンクラス一次予選
2レーンからのスタート。
レース開始からやたら速いマシンが1台。
他のマシンとは別次元の速さで駆け抜けて1位でゴール。
自分のマシンは半周遅れの2位でゴール。
完敗でした。

(4) タッグレース一次予選
先輩とタッグを組んで参戦。
またも2レーン。4レーンか5レーンが良かったと思いつつピットに移動。
オープンクラスでは、若干出遅れた感があったので、ライトを良く見て遅れないようにスタート。中々良いスタートが切れた。
この組には、めちゃ速マシンはなく、混戦状態でスタート。
半周くらいで、自分のマシンと4レーン(だったと思うけど忘れた)のマシンがトップ争いをして、他を引き離す展開。
追い抜いたり、追い越されたりを繰り返して、2人目へチェンジ。
2レーンはマシン交代区間が手前にあるので、交代したのは一番最初でした。
MSシャーシにマッハダッシュモーターというハイスピードな先輩のマシン。
スピード負けをないだろうと内心ホットしていると、
先輩:「あ、マシンひっくり返った」
というわけで、タッグレース終了。

【感想】
XXはかなり安定した走りをしますが、今回のようにスピード負けをすると、かなり悔しいです。
とはいえ、このスーパーコブラサーキットも3月で終わりで、来月からは、またナイアガラが復活するらしいので、このままXXを使おうかなと考えています。
他のメンバーの走りを見ていると、提灯の挙動が安定していないように見えました。スロープ&DBで連続で揺さぶられるので、このコースは提灯は不向きかなと思ったりしてます。